定期健診のご案内

歯を大事にしたい、歯を健康な状態で長く残したい、いくつになっても楽しい食生活を送りたいと考えたとき、避けて通れないのが、むし歯と歯周病です。
むし歯と歯周病を予防していくことが、歯を長く残すことにつながります。

皆さんはむし歯の治療というと、どんな治療を思い浮かべますか?
むし歯になった部分を削りとってつめる、かぶせるという治療を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。それはそのとおりなのですが、では、むし歯になった部分を削ってつめたら、もうそこはむし歯にならないのでしょうか?
むし歯になった原因について考えてみましょう。むし歯になった場所が他の場所より磨きにくいのかもしれません。夜寝る前にお菓子を食べたあと歯を磨かずに寝てしまうなどの生活習慣に問題がある場合もあります。こういった原因について考え改善していかないと、せっかく治療してもまたむし歯になってしまいます。 

また、歯周病の治療というと、どんなイメージをおもちですか?
歯についた歯石をとる、歯をクリーニングするといったイメージをおもちだと思います。
なぜ、歯石を取る必要があるのでしょうか?なぜ、歯をクリーニングするのでしょうか?
歯周病の原因について考えてみましょう。歯周病の1番の原因は、歯周病菌です。歯と歯ぐきの境目や歯と歯の間についているプラーク(歯垢)は、歯周病菌やむし歯菌などの細菌のかたまりです。プラークを取り除くことが、むし歯や歯周病の予防につながります。最近よくCMで使われるプラークコントロールとは、このことです。それでは、なぜ、歯石はよくないのでしょうか?歯石自体に病原性はありませんが、歯石の表面には軽石のようにたくさん穴が開いているので、歯周病菌の格好の住家となります。歯石の中に潜んでいる歯周病菌は、歯磨きでは取り除くことができません。この住家を撤去するために、歯石を取る必要があります。

 

むし歯と歯周病を予防していくには、皆さんの日々の歯磨きや生活習慣が重要です。 

私たちは、定期健診を通じて、皆さんのお口の健康づくりのサポートをしていきたいと考えています。お口の中でなにか気になることがございましたら、いつでも遠慮なくお聞きください。皆さんの歯を長く守っていけるよう、定期健診をおすすめします。

 
 

歯の治療のご予約・ご相談は、市川歯科にお気軽にお電話ください 072-652-3112